60歳定年の不安を減らすために棚卸したい3つの「強み」

皆さん、こんにちは。いよいよ年末ですね。わが家はXmasも年末も特に関係なく過ごしています。

1961年(昭和36年)生まれの福子はあと数か月で60歳の定年を迎えます。 

「定年」という年齢になると、自分の体力やスキルに少なからず不安を感じるようになりますよね。
さらにこのコロナ禍にあっては、今までもっていた常識が通用しなくなり、人の働き方や意識も
大きく変わってしまいました。
すでに若くはない年ごろ、この先の不透明な時代にうまく順応していけるのか不安を感じませんか?

60歳定年の不安を減らしたい

60歳定年の不安を少しでも減らすにはどうすればいいのでしょうか?

できることの一つは、自分自身の「強み」を把握しておくことではないでしょうか。
「定年」を迎える不安を減らし、新しいステージ「定年後」を迎えるために「強み」をもっていることは
自分自身の武器になります。
★福子の場合の「定年」は60歳 「定年後」は60歳以降 です。

「強み」といっても、他人と比べて特に秀でているものとは限りません。
自己満足かもしれないけれど、ひとまずここで自分の「強み」の棚卸をしてみましょう。


「強み」を棚卸してみよう

自分の「強み」の棚卸といっても、平凡な人生を歩いている人がほとんどですよね。
私だって特に人に自慢できるものや人より秀でているものは持ち合わせていません。

でも人には誰でも自分だけの歴史がありますよね。
世界中どこを探しても、自分と同じ人生を送ってきた人間は誰ももいないのですから、
自分だけの歴史を大切にしましょう。

思い出したくない黒歴史もあるかもしれませんが、それも場合によっては立派な「強み」になるかもしれませんよ。
私が棚卸をおススメする3つの「強み」は以下の通りです。

棚卸したい3つの「強み」とは

私のいう「強み」というのはさほど特別なことではありません。
1今までの体験
2職務経験と成果
3スキル      の3つです。

今までの体験

若いころスポーツで実績をあげた
勉強を頑張って希望の大学に入った
結婚して夫婦仲良くしてきた
子育てを一生懸命にしてきた
離婚したけどシングルで頑張ってきた
結婚はしなかったけれど両親の世話をしてきた
など

職務経験と成果

〇〇という職務を経験した
同じ職場に40年勤務した
売り上げや利益を伸ばした
社内、社外で表彰された
大きなプロジェクトでリーダーを務めた
など

スキル

何かの資格をもっている
社会的に認められるような技能がある
コミュニケーション力がある
リーダーシップがとれる
友だちが多い
など

私がおススメする「強み」の棚卸というのは上記の3つです。
スキルにも技能面のスキルと「長所」と言いかえられるようなスキルの2種があります。

上記3つすべてに突出したレベルで備わっていると自信を持って言える人は稀でしょう。
でも一度立ち止まって改めて考えてみると意外に自分でも忘れているような「強み」に気づいたり
思い出したりしませんか?

棚卸した「強み」を掛け算で最大限に生かそう

「定年」を迎える年代は何かと自信喪失になりがち・・・
ならば少しでも自分の「強み」を思い出し、その「強み」を最大限に生かして胸をはって「定年後」を生きましょう。

おススメしたいのが「強み」の掛け算です。足し算ではなく掛け算でいきましょう。
仲良し夫婦×仕事の実績×リーダーシップ 
定年後は夫婦で新たな事業を始めることも可能ですよね。盤石な「強み」がコロナ禍においても
将来を明るいものにしてくれるでしょう。

結婚しなかった×勤続40年×友だち多い
定年後は新しいコミュニティーを企画運営したり、友だちと共同で事業を始めるなど・・
アイディア次第ではワクワクするような未来が待っていますよね。

自分の歴史をぜんぶ「強み」に変えてしまえば、自信をもって「定年後」を生きられますよ。

「強み」がない・・と思うあなたへ

どこをどう考えても自分には「強み」というものがありません・・という方
(「強み」が1つも無い人なんて本当はいないと思いますが)

これからつくっていきましょう!!

人生100年と言われている時代、、60歳なんてまだまだ若い!!
60歳から新しいことを始めても遅くないと思いませんか??

自分なりの「強み」をもてば、10年後、20年後の不安は減るでしょう。

偉そうなことを言っている福子も、「強み」をつくっている途中・・・
まだまだ若いので・・(笑)   一緒に頑張りましょう!!

明日は御用納め、今年最後の出勤です。しっかり納めてまいります!

定年後も仕事で活躍したい人におススメの働き方 | もうすぐ定年 福子のライフ&マネープラン (fukublog.site)

それでは皆さん、また明日。