コロナ禍での年末年始、一緒に生き抜きましょう!!

皆さん、こんにちは。 とうとう明日1日で2020年は終わります。
今まで経験したことのない激動の1年でした。きっと一生忘れない(忘れられない)でしょう。

皆さん、どんな年末をお過ごしですか? 帰省やお出かけをやめた方も多いでしょう。
私はここ数日は買い物と掃除に明け暮れております。
合間にYouTubeを聞いたり本を読んだりしております。

今、私がその生きざまに興味をもっているのは稲垣えみこさんです。
稲垣えみこさんの生き方・潔さにあきれながらもほっとする。by福子

稲垣えみ子さんの生き方

今読んでいるのがこちら・・

実は数年前も稲垣えみこさんの本は数冊読んでいたのです。でも、当時はあまりピンときませんでした。

今読むと興味深いですね~~ 

50歳にして28年間勤めた朝日新聞社を退職いた稲垣さん、
一方、60歳になってもなお会社勤めを続けようとする私・・・

稲垣さんが朝日新聞社を辞める際の最後のコラムの一部がこちら・・

私、朝日新聞を退社することになりました。人生の後半戦をどう過ごすか、自分なりに考えた結果なのです。
得ること、拡大することばかりを考えて生きてきました。でも平均寿命の半分を過ぎたころから、
来るべき死に向かい、閉じていくこと、手放すことを身につけねばと思うようになりました。
大変なギアチェンジです。

50歳にして「来るべき死に向かい、閉じていくこと、手放すことを身につけねば」と行動に移した稲垣さん・・・

確かにある意味納得できる部分はありますね。うちも子どもの独立や夫の定年退職(65歳)を機に、
持ち家を手離し身の回りを整理し断捨離を決行しました。結果、生活はずいぶん小さくなりました。

でも私は収入源はしっかり確保せねば・・・・と強く思っています。
(夫が病気になったことでちょっと神経質に考えすぎているかもしれません)
私は稲垣さんのいう「得ること、拡大することばかりを考えて」生きている人間かもしれません。

 

黒田裕子さんの生き方

それとこの本を紹介したのは「黒田裕子さん」の話が出てきたからです。

私は5年ほど前にNHKで放映された「黒田裕子さんの特集」番組をみてその生き方にいい意味でショックを受けました。
私が「介護」の勉強を始めたきっかけにもなった番組でした。
その後、黒田さんの話を見聞きする機会がなくて忘れてしまっていました。(申し訳ありません)

黒田さんは平成26年に亡くなられましたが、ぜひ、その生きざまを多くの方に知っていただきたいです。
私なんぞ、自分が恥ずかしくなります。

福子の生き方

今年は私はブログというものに挑戦しました。たくさんの方に読んでいただきありがとうございました。
張り切って始めたものの、いったい誰に向かって何を発信しているのか、自分でもよくわからなくなったり、
パソコンの前に座ることすら苦しい時もありました。


自分なりに試行錯誤してきましたが、来年は定年(60歳)を迎えるので、主に同世代の女性に向けて
「定年にまつわる情報」「60歳以降の女性の生き方」「シニア夫婦の暮らし方」などを私の体験を交えて
発信できたらと思っています。

私は毎日悩みつつ迷いつつ、夫の病気回復のために奔走している平凡な人間です。
こんな私のブログが誰かの役に立つことがあればうれしく思います。一緒に頑張っていきましょう!

本年はこれが最後のブログとなると思います。どうもありがとうございました。

コロナで始まりコロナで終わる1年ですが、皆さん一緒に生き抜いていきましょう!!
私も夫や子どもをおいて先に倒れるわけにはいかないので、何が何でも生き抜きます!!

どうか気を付けて年末年始をお過ごしください。2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

それでは、また来年お会いしましょう!   良いお年を~~              福子