スポンサーリンク

シニア夫婦の思い出 長女の登校拒否に苦しんだ日々 

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは

いまだ人生模索中の福子、61歳です。

ご訪問いただきありがとうございます。

昨日も書いたように、自分の子育てに自信がもてない私・・・

この世で一番たいへんな仕事は「子育て」だと思いますね。

特に母親の悩みは大きいのではないでしょうか。。

いくつかわが家の思い出をふりかえってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

長女の突然の登校拒否

子どものことで悩んだことはいっぱいあったけれど、

「長女の登校拒否」が私にとってもわが家にとっても最初の試練だったように思います。

それまでは大きな悩みもなくいくらか自信をもって子育てをしていた気がします。

今から20年以上前の話になります。

長女は中学までは部活(バトミントン)も熱心にやり、勉強もできる子でした。

小学校の頃から器械体操教室にも通っていて、県大会などでもいい成績を収めていました。

家では「勉強しなさい」なんて言ったことはないけれど、勉強も部活も体操も

自ら進んで楽しくやっていました。

なので、私もまったく不安要素はなく、本人の好きなようにさせていました。

なにしろ下の子たちの世話もあるので、長女にはそれほど構っていられない状況だったんです。

高校受験の時も自分で高校を選び、自主的に勉強していたのであまり心配もしませんでした。

私立も合わせていくつかの高校に合格し、その中で本人の第一希望の県立高校に入学しました。

長女の高校は俗に言う進学校で、あちこちの中学からトップクラスの成績の生徒たちが

集まるような高校でした。

高校でもバトミントン部に入部し、楽しくやっていると信じて疑いませんでした。

ところが5月末から学校に遅刻する日が増えました。

中学の頃の勤勉さからは信じられないことです。

それから「行きたくない」と言い出すように。。。

私が車で片道1時間ほどかけて高校まで送ったことも何度かありました。

あんなに行きたがっていた高校なのに? どうしたの? と聞いても反抗的な態度。

「ガリ勉ばかりで楽しくない」「勉強しか興味ない人ばかり」と・・・??

長女の「やる気のない投げやりな態度」にショックを受ける私。。。

あんなに一生懸命やってたバトミントンも体操も辞めると言い出すし、

学校には週2日くらいしか行かず、学校の成績も落ちる一方・・・

何を思ったのか内緒でコンビニでバイトを始め(高校はバイト禁止)

制服はミニスカ&ルーズソックス、茶髪に化粧、ピアスにネックレスみたいな

大人から見たらおかしな格好で学校に行ってました。(実際はバイトに行っていたのか?)

当時は化粧した高校生はいっぱいいたけど、お堅い進学校ではかなり目立つ格好だったでしょう。

救われた夫のひと言

長女の荒れた生活を親としてどうしたらよいのか、長女はいったい何を考えているのか、

さっぱりわからず、母親の私は毎日苦しんでいました。

毎晩のように古いアルバムを出して、長女の幼いころの可愛い写真を眺めていました。

「お母さん!」と言って駆け寄ってきてた長女、笑顔いっぱいで学校に行っていた長女、

バトミントンと体操に頑張っていた長女、、、

いろんな思い出がよみがえって、今の長女が理解できずどうしようもなくなるのです。

ある日、アルバムを見ながら、夫に

「〇〇(長女の名前)はこーんなに可愛かったのにな」と言いました。

我慢できずに涙声になっていたと思います。

その時の夫のことば

「今でも〇〇(長女の名前)は充分可愛いよ」と・・・・

あんなケバイ化粧した長女が可愛いと??? 反抗的な態度の長女のどこが可愛いと??

夫も内心は今の長女の姿にガッカリもし悲しみもしていたでしょう。

それなのに変わらずに可愛いと・・・???

でも、夫のこの一言で私は救われた気がしました。

あの時、夫が一緒になって「ほんと、アイツは何考えているんだか!」などと

言っていたら、私もますます長女が憎らしく思えていたでしょう。。。

長くなるので、この続きはまた今度。

とにかく子どもを育てるなんて難しすぎです。。。悩み満載です。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

続きはまた次回に~

スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。 いつも応援ありがとうございます!!

          にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
福子をシェア
スポンサーリンク
定年後のライフ&マネープラン