スポンサーリンク

昭和の子育て(私)vs令和の子育て(娘)

スポンサーリンク

皆さん、こんにちは 。 本日もご訪問いただきありがとうございます。

わが家は70歳夫(年金生活)と61歳妻(トリプルワーク)の2人暮らしです。

賃貸マンション暮らし、車ナシ、夫婦して持病もち、

子どもは3人いるけど、老後は自助努力で乗り切るつもり。

夫婦2人で愉快に仲良く100歳まで生きる!を目指して奮闘中です。

先日帰省していた長女&孫ですが、「これが令和の子育てかー」と驚くことが多々あります。

今日は一部ですが、私の子育てと娘の子育ての違いを書いてみようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の子育て(昭和後期~平成初期)

私は昭和後期から平成初期にかけて3人の子どもを産んで育てた。

私が乳幼児を育てていた頃(昭和61年~平成8年くらいまで)は携帯電話もスマホもなかったし、

もちろんテレワークなんて言葉も存在していなかった。

夫が会社に出勤してしまえば、個人的に連絡をとるツールはなにも無くて、

しかたなく会社に「〇〇課〇〇の家内です。いつもお世話になっております」と

緊張して電話して取り次いでもらうしかなかった。笑っちゃうな。

結婚した頃(昭和60年)はまだ夫は毎週土曜午前出勤もしていた。半ドンってやつですね。

それが徐々に土曜休みが増えて、完全週休2日制に。

あの時代は、夫婦で子どもを育てる意識も今よりは薄かったと思う。

うちの夫は比較的子育てに協力的だったけれど、ほとんどの人は仕事優先だったと思う。

今ほど共働きは多くなくて、公園には子育て中の専業ママたちがいっぱいいて、

母と子の社交場のようになっていた。

そこでお友だちができたり、ママ同士の人間関係に悩んだりして夜仕事から帰った夫に

愚痴をこぼしたり、、、当時は夫が唯一の(気の許せる)話し相手だった気がするなぁ。

長女次女を産んだ昭和後期はまだ布おむつが一番という風潮があって、

布おむつを毎日大量に洗って干して、しわを伸ばしてたたむ作業もけっこう大変だった。

乾燥機なんてなくて、梅雨時なんかアイロンで乾かしたりしてたもんね。

買い物一つとってもネットスーパーなどもない時代。。

いちいち子連れで買い物に出かけて、機嫌の悪くなった子どもを叱ったりなだめたり。。

それにうちの子はよく迷子になるから、必死に探し回ったことも何度かある。

週末となれば、夫の運転でトイレットペーパーや洗剤なんかをまとめ買いに行って

それを車から玄関まで運ぶのもけっこう大変だったな・・・

娘の子育て(令和初期)

今現在子育て中の長女、スマホ一台あれば、なんでも完結する模様。

欲しいものがあれば、ポチっとやればAmazonで翌日なら届く。重いものはネット購入が必須。

必要な情報はほとんどスマホから。。TVも新聞も不要。

スマホで本も読むし音楽も聴く。家にいながら友達とも繋がっているから孤独を感じない。

私は子育て中も本が読みたくて、子どもを背負って本屋で立ち読みとかしてたけど(笑)

都心のタワマンに住む長女は洗濯物は全部乾燥機で仕上げ、

掃除は寝ている間にロボット掃除機がやってくれる。

ごみを袋に詰めて捨てに行くという作業もないそうだ。

しかも、娘婿は完全テレワークだから毎日3食一緒に食卓を囲むそう。

私の時代のように、子どもを背負って掃除機をガーガーかけたり、出勤する夫を追いかけて

大きなごみ袋を手渡したりしないのだ。

完全テレワークの娘婿は当然、子育てにも協力的。夜中の子ども対応は夫婦で交代制。

だから、娘の子育ても余裕~~ イライラして怒ることもなければ、子育てをめぐって夫婦喧嘩もない。。

私から見ても幸せを絵にかいたような生活。 私が生んで育てた娘とは思えない優雅ぶり(笑)

経済的にも余裕があるから、ケチケチ節約なんてしない。

週末は家族で出かけたりリッチなお食事やお宿にお泊りして楽しむ。

子育て中であってもオンラインで勉強を続け、合間にはヨガもやっている。

ちょっと前まで仕事にまい進していたけれど、今は子育てが楽しくてしかたないらしい。

育休も2年とって子どもとゆっくり過ごしたいそうな。。

私の時は子育てばかりの毎日に焦ったり、未婚の友人の活躍がうらやましかったり、

早く子育てから解放されたいと思っていたけど、娘にはそんな様子はまったくない。

いたってマイペースというか? 恵まれているから余裕なのか?

仕事もしっかりやっていたけれど、子育てもめっぽう楽しんでいる。けっこうなことだ。。

今どきは抱っこも前向き?! 一緒にブランコに乗って遊ぶ娘&孫

私の時代は顔を向き合って抱っこしてたけどなぁ。

母娘で「ママトーク」が楽しみ

それにしても、一生懸命子育てに励んでいるわが娘を見ると感無量、、、(笑)

私も私なりに必死に子育てをしてきたけれど、今、あの頃の私と同じように

娘たちが必死に自分の子を守ろうとしている。

私がいつまで元気でいられるかわからないけど、これから母娘で「ママトーク」にも

花が咲くだろう。それも楽しみ~~

私も命をかけて子どもたちを守ってきたから、これからは好きなことをさせてもらうからね。

そちらはそちらで子どもとの時間をたっぷり楽しんでちょうだい。

ばぁばの出番があれば参上するけれど、私は私で自分の人生を生きていくからよろしくね。

と、子育て中の娘たちに伝えたい。

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

続きはまた次回に~

スポンサーリンク
    ランキングに参加しています。 いつも応援ありがとうございます!!

          にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

スポンサーリンク
孫ちゃん
スポンサーリンク
スポンサーリンク
福子をシェア
スポンサーリンク
定年後のライフ&マネープラン